物理学Ⅰ

You are here

物理学Ⅰ

授業科目名 物理学Ⅰ
科目名(フリガナ) ブツリガクイチ
単位数 3.0単位
開講時期 後期
担当教官 総合教育院 岡田 浩
主担当者(カナ) オカダ ヒロシ
授業時間 指定なし
遠隔教育形態 非同期WBL型(ビデオ講義)

授業目的及び達成目標

授業目標

  1. 物理学Iでは,近代物理学の出発点となった力学を学ぶ.
  2. 力学は,物理学のみならず近代科学の出発点であり,且つ,現代科学の基礎であり続けている.その価値は過去300年間変わっておらず,少なくも今後200年は変わらないであろう.物理学Iでは,不変的知識としての力学を学ぶ.
  3. 現代の科学技術及び近代社会の形成と力学の関係を学ぶ.

達成目標

  1. ニュートンの運動方程式を理解する.
  2. 微分、積分の概念を使って物体の位置、速度、加速度を表現できる.
  3. 物体の運動を微分方程式により表現し、物理的な意味を考えながら簡単な微分方程式を解くことが出来る.
  4. 運動方程式のベクトル表現が出来る.
  5. エネルギー,運動量,角運動量を運動方程式から理解する.
  6. 回転体の運動の基礎を理解する.

授業キーワード

運動方程式,運動量,運動エネルギー,ポテンシャルエネルギー,角運動量

授業項目

第1週 単位と有効数字
第2週 力と力学質点、ベクトルと変位
第3週 質点の運動
第4週 運動の3法則
第5週 落下運動、放物線運動
第6週 振り子の運動
第7週 仕事とエネルギー(1)
第8週 仕事とエネルギー(2)
第9週 運動量
第10週 角運動量保存則
第11週 慣性系と非慣性系
第12週 万有引力と惑星の運動
第13週 ケプラーの法則
第14週 質点系の運動
第15週 剛体の簡単な運動

成績評価方法と評価基準

定期試験の成績で評価する
S:達成目標をすべて達成しており,かつテスト(100点満点)が90点以上
A:達成目標を80%達成しており,かつテスト(100点満点)が80点以上
B:達成目標を70%達成しており,かつテスト(100点満点)が70点以上
C:達成目標を60%達成しており,かつテスト(100点満点)が60点以上

教科書

次の教科書に沿って講義を行う.

  • ・R. Shankar, “Fundamentals of Physics”, Yale University Press
  •   上記の英語の教科書に慣れていない者は、日本語で書かれた次のような教科書を参考にしても良い。
  • ・小出昭一郎, 「物理学 三訂版」, 裳華房

     

Page Top