Mozilla Thunderbird でメールを利用する方法

You are here

Mozilla Thunderbird でメールを利用する方法

このページでは,Mozilla Thunderbirdでメールを利用するための設定手順を説明します.良く分からない事柄がある場合は,所属している研究室・系の管理者に問い合わせて下さい.

メール用のパスワードの変更や,メールを転送する設定を行う場合は,「個人設定」を参照してください.

1.アカウント追加設定の開始

「ツール」→「アカウント設定」とメニューをたどると,以下のような画面が表示されます.
ここで「メールアカウントを追加」を選択してください.

thunderbird ver.3.1.6
thunderbird ver.3.1.6

2.メールアカウント設定

次に,メールアカウント設定において,差出人に関する情報を以下のように入力し,”続ける”ボタンを押します.

あなたの名前 利用者の名前を入力.
メールアドレス 所属している研究室・系の管理者から割り当てられたメールアドレスを入力.または,アカウント承認書に書かれているメールアドレスを入力.
パスワード 現在利用中のパスワードを入力.

注意!「パスワードを記憶する」にチェックを入れないこと.

thunderbird ver.3.1.6
thunderbird ver.3.1.6

3.サーバ設定

新たにメールアカウント設定した場合,名前とメールアドレス,パスワードさえ入力すれば自動的に一般的なサーバ名を検索し表示されますが,”手動設定”ボタンを押し,サーバの設定を変更します.
あるいは,「ツール」→「アカウント設定」→「サーバ設定」とメニューをたどり,以下のような画面で変更します.

サーバ設定を一部変更し”OK”ボタンを押します.

サーバ名 (例:mail.imc.tut.ac.jp)
ポート番号 (993)
ユーザ名 (アカウント承認書に書かれているアカウント名 または,研究室・系の管理者から割り当てられたアカウント名)
セキュリティ設定 接続の保護 SSL/TLS
認証方式 暗号化されたパスワード
重要 センターのメールサーバは,通信が暗号化されていないと認証を受け付けません(メール送信できません).そのため,セキュリティー設定は”STARTTLS”ではなく,”SSL/TLS(通信路を暗号化)”としてください.センターのメールサーバと,お使いのメーラとの間の通信を暗号化するようにお願いします.
その他 メール受信サーバの種類については,この手順ではIMAPで行っていますが, IMAP または POP3(ポート番号995)どちらも利用可能です.

thunderbird ver.3.1.6
thunderbird ver.3.1.6

4.送信サーバの設定

次に,「送信(SMTP)サーバ」を選択すると,以下のような画面が表示されます.

サーバ名 (例:mail.imc.tut.ac.jp)
ポート番号 (465)
セキュリティ設定 接続の保護 SSL/TLS
認証方式 暗号化されたパスワード

thunderbird ver.3.1.6
thunderbird ver.3.1.6

5.その他

Mac OSX 付属の Mail を使っている場合,認証方式として「パスワード認証」を指定しただけでは,送信時ユーザ認証が正しく行えないことがあります.正しく受信できるのに,送信 だけできないというトラブルに遭遇した場合は,認証方式として「MD5チャレンジ応答」を指定してみてください.

最近のプロバイダは,プロバイダのネットワークに含まれないサーバの25番ポートに対する接続を禁止している場合があります(詳しくは,OP25Bを実施しているISP一覧を参照).その場合,そのプロバイダからセンターのメールサーバを利用するには,2通りの方法があります.

  1. VPN接続サービスを使う.
  2. 25番ポートの代わりに,587番ポートを使うように指定する.

これで設定は終りです.

Page Top