VPN 接続サービス

You are here

VPN 接続サービス

例えば,学外でPCをインターネットに接続し大学のサーバにアクセスすると,アクセスを拒否されたり,「学内向け」と表示され,ページが読めないといったことがあります.これはそのサーバが学外の機器から通信できないようにセキュリティ上の設定をしているためです.

VPN 接続サービスを利用すると,学外のネットワークから,このようなページを閲覧できます.詳細については,「VPN接続サービスの利用について」を参照してください.

VPN接続サービスの利用について

※このページは学内からしかアクセスできません.接続手順をよく読んでからご利用ください.

VPN(Virtual Private Network,仮想閉域網)は,インターネット上の拠点間を専用線のように接続する技術です.

例えば,学外でPCをインターネットに接続し大学のサーバにアクセスすると,アクセスを拒否されたり,「学内向け」と表示され,ページが読めないといったことがあります.
これはそのサーバが学外の機器から通信できないようにセキュリティ上の設定をしているためです.

このような場合にVPN接続すると,先のPCには学内のIPアドレスが割り振られるため,サーバからみると学内PCと同等であり,通信が可能となります.パケットは他人に通信を傍受されたとしても解読が困難な程に暗号化されていますので,学外から学内のサーバへ安全にアクセスすることができます.


VPN接続の概念図

VPNの接続方法にはいくつかありますが,本学では接続方法として下記の1種類を用意しています.

  • SSL VPN (Secure Sockets Layer)

※接続に失敗する場合は最新バージョンをインストールしてください.

VPN接続手順

  • VPN接続を行うには,情報メディア基盤センターのアカウントとパスワードが必要です.
  • 学内からはVPN接続できませんので,予め接続手順を確認しておいてください .

SSL VPNによる接続

予め接続手順を確認しておいてください.

接続手順

  1. 専用サイトにアクセスします.
  2. 情報メディア基盤センター発行のユーザID・パスワードを入力します.
     (注意) パスワードの有効期限(6ヶ月)を過ぎるとログインできません. 
            パスワードを変更する必要があります.
  3. クライアントのインストールが自動的に始まります.
  4. (注意)接続先サーバ名 gw.vpn.tut.ac.jp を入力する必要がある場合があります.

対応OS

  • Windows 7, 8.1, 10 いずれも32bit と 64bit
  • Mac OS X 10.8, 10.9, 10.10 いずれも32bit と 64bit
  • Linux(64bit) Red Hat 6, 7, Ubuntu 12.04(LTS), 14.04(LTS)
  • Linux(32bit)
    • Red Hat Enterprise Linux 5/6 Desktop
    • Ubuntu 9.x/10.x

利用ブラウザ,環境によってはインストールに失敗することもあります.その場合はメッセージに従ってクライアントをダウンロードし,手動でインストールを行ってください.

(ダウンロード方法)ブラウザ firefox で右クリック,「名前を付けてリンク先を保存(K)」をクリックする.

SSL-VPN Client 手動インストール用パッケージ

注意事項

  • パスワードの管理に十分ご注意ください.
    • 他人に教えない,貸さない.
    • 紛失したと思ったり,他人に知られてしまった場合はすぐにご連絡ください.
      学生は学生証カードをお持ちの上センター1階窓口へ再発行の申し込みをしてください.
      教職員は身分証明書カードをお持ちの上情報メディア基盤センタースタッフ室へ再発行の申し込みをしてください.
  • 通信の状況はセンターで記録しています.異常が起きた場合アクセスを停止することがあります.
  • VPN接続でセッションを始めるとそのVPNクライアントからの通信の全てが学内LAN経由となります.
    学外サイトへの通信は,その分経路が増えて遠回りになります.
  • 現在24時間のアイドルで切れるようになっています.
  • 学内ネットワークに繋げたPCからVPN接続(テストを含む)はできません.

Q & A

Q1.研究室でつかえるものと「講義棟&VPN経由で使えるもの」は同じなのですか?

「講義棟&VPN経由」でログインすると,学内の講義棟や図書館での利用と同じことができるようになりますが,系,学科や研究室のサーバがその内側に限定にしているサービスは受けられません.

Q2.外から内部のものが使えるって危なくないですか?

学外からVPNで接続すると,そのPCの通信は大学を通るルートのみとなって,外部の通信はシャットアウトされます.
セキュリティレベルは学内と同じとなります.また,通信内容は暗号化されますので,危険度は学内に準じるといえます.学内でのインターネット接続と同等の注意を払ってご利用ください. ただし,他人にパスワードを知られた場合は大変危険です.前述したとおり,パスワードの管理には十分ご注意ください.

Q3.事務局の内部の情報が荒されるということはないですか?

事務局のルータまたは,ファイアーウォールで制限しているサービスは,学内の接続であっても事務局外では受けられません.
同じようにVPNによる接続では,制限されたユーザは事務局の内部にアクセスすることはできません.

Q4.Windows7 SSL VPN 接続手順のインストールができません

以下を試してみてください。

  1. 「コントロールパネル」を表示させる。
  2. 「ネットワークの状態とタスク表示」(表示: カテゴリ)をクリックする。
  3. 左メニューの「アダプタの設定変更」をクリックする。
  4. 「ローカルエリア接続」を選択して、右グリックする。
  5. 表示したショートメニューの「プロパティ」を選択する。
  6. 「共有」タブを選択する。
  7. 「インターネット接続の共有」の「ネットワークのほかのユーザーに、このコンピューターのインターネット接続をとおして接続を許可する」にチェックが入っていたら、これを外す。
  8. 設定を保存して、VPN ソフトウェアのインストールを行う。

7 の部分にチェックが入っていたら、VPN 接続ができなくなります。

Q5. iPad から SSL VPN を利用したいのですが

以下を試してみてください.

  1. 「App Store」から,「Cisco AnyConnect」アプリをインストール.
  2. 「VPN接続の追加」をタップし,以下を入力してください.
    • 「説明」に「豊橋技術科学大学SSL-VPN」
    • 「サーバ」に「https://gw.vpn.tut.ac.jp/」
  3. 「保存」をタップしてください.

これで設定は完了です. 使う時は,「Cisco AnyConnect」を起動して,接続開始のスイッチを操作してください.

Page Top