基礎電磁気学

現在地

基礎電磁気学

授業科目名 基礎電磁気学
科目名(フリガナ) キソデンジキガク
単位数 2.0単位
開講時期 前期
担当教官 電気・電子情報工学系 福田 光男
主担当者(カナ) フクダ ミツオ
授業時間 指定なし
遠隔教育形態 非同期WBL型

授業目的及び達成目標

授業目標

電磁気学は,電気・電子情報工学分野の中でも最も重要な基礎科目の1つです。マクスウェルの方程式と呼ばれる電界、磁界そして電磁界を記述する方程式の基礎から応用までを学びます。講義は現象論の立場から、積分形を中心に実験事実に基づきながら展開します。静電気の説明から始め最終的には電磁波の放射まで紹介し、電気・電子情報工学の基礎的問題を考える力を養います。高専本科卒業生の電磁気レベルを想定し、3年生以降でさらに深める内容の基礎を確立することを目指します。

達成目標

静電気,静磁気,電磁界について,物理現象が説明できること.また,基礎方程式を立て,具体的な電磁気現象の解析ができること.

キーワード

電気,磁気,電磁気,電磁波

授業項目

(1)静電気
  ○クーロンの法則と電界
  ○ガウスの定理
  ○静電ポテンシャル(電位)
  ○導体系とコンデンサ
  ○誘電体と電束密度
(2)定常電流
  ○電流密度ベクトル
  ○定常電流保存則
  ○コンデンサと抵抗
(3)静磁気
  ○磁気におけるクーロン則と磁界 
  ○ガウスの定理
  ○ローレンツ力
  ○ビオ・サバールの法則
  ○アンペールの法則
  ○磁性体と磁束
(4)電磁誘導
  ○電磁誘導の法則
  ○運動電磁誘導とローレンツ力
  ○インダクタンス
(5)準定常電流
  ○変位電流
  ○電荷保存則
(6)マクスウェルの方程式
  ○積分系マクスウェルの方程式
  ○微分系マクスウェル方程式

成績評価方法と評価基準

期末試験により,以下の基準に基づき,評価する.
 S:期末試験の得点が90点以上
 A:期末試験の得点が80点以上
 B:期末試験の得点が70点以上
 C:期末試験の得点が60点以上

教科書

参考書:電磁気学-初めて学ぶ人のために(砂川重信著,培風館)<電磁気学序論テキスト>
    電磁気学(砂川重信著,岩波書店)<電磁気学テキスト>
    電磁気学(バークレー物理学コース,丸善)
    電磁気学演習(後藤憲一,山崎修一郎共編,共立出版)

ページトップへ戻る