ソフトウェア設計論

現在地

ソフトウェア設計論

分野系列 コンピュータサイエンス
授業科目名 ソフトウェア設計論
科目名(フリガナ) ソフトウェアセッケイロン
単位数 2.0単位
開講時期 後期
担当教官 情報・知能工学系 河合 和久
主担当者(カナ) カワイ カズヒサ
授業時間 指定なし
遠隔教育形態 非同期WBL型(ビデオ講義)

授業目的及び達成目標

授業目標

ソフトウェア開発の上流工程である要求分析・設計について、その基礎的な概念を理解し、基本的な方法論を習得することを目的とする。

達成目標

 具体的な目標は、以下のとおり。
(1) ソフトウェアのライフサイクルに基づいて、各開発フェーズの目的を、そこで作成される成果物とともに理解する。
(2) オブジェクト指向分析・設計、構造化分析・設計、互いの違いを理解する。
(3) 設計の原理に基づいて、複数のソフトウェア設計の品質を評価する項目について理解する。
(4) 与えられた要求仕様について、一般的なプログラム設計方式および設計表記法を用いた設計を行ない、設計仕様書として記述できる(小規模プログラム)。
(5) 適切なガイドラインを利用して、ソフトウェア設計のレビューを行なえる。

授業キーワード

ソフトウェア工学、プロジェクト管理、要求獲得、要求分析、要求仕様、設計、レビュー、オブジェクト指向、構造化分析。

授業項目

本講義で取り扱う項目は、おおむね週ごとに、以下のとおりである。
 ・ソフトウェアのライフサイクルと開発プロセス
 ・プロジェクト管理
 ・要求獲得と要求分析(2週)
 ・要求種別と仕様化ツール
 ・要求モデル化技法(2週)
 ・要求仕様書(2週)
 ・設計概念と原理
 ・構造化分析設計(2週)
 ・レビュー

成績評価方法と評価基準

受講状況(課題レポート)【50%】、期末試験【50%】をもとに、本講義の目標を、どの程度達成したかを判定し、成績をつける。
 S:90点以上
 A:80点以上
 B:70点以上
 C:60点以上

教科書

・神長裕明ほか,「ソフトウェア工学の基礎」,共立出版,ISBN978-4-320-12313-7
 この他、WWWにて、適宜、資料等を配布する。
 本講義のWWW情報(ウェルカムページ)のURLは以下のとおり。

 http://www.ita.cs.tut.ac.jp/~kawai/el-sd/public/

ページトップへ戻る