環境科学

現在地

環境科学

授業科目名 環境科学
科目名(フリガナ) カンキョウカガク
単位数 1単位
開講時期 前期
担当教官 環境・生命工学系 東海林 孝幸
主担当者(カナ) トウカイリン タカユキ
授業時間 指定なし
遠隔教育形態 非同期WBL型(ビデオ講義)

授業目的及び達成目標

授業目標

今、工学を学ぶ者すべてに求められていることは社会構造の変化つまり持続発展社会に対応した技術力である。そのための第1歩として、環境問題の本質を理解し、解決するための足掛かりとしての「環境科学」を理解することを目標とする。

達成目標

環境と生命の関係・歴史を理解する。
環境メディアとしての大気、水、土壌やそのメディアによって輸送される化学物質を理解する。
過去の公害問題から現代の環境問題への変遷を知る。
環境とエネルギーの関係を理解し、その解決のための糸口を探る力を身につける。

授業項目

  • 1週目:バイオスフィアと生物多様性(平石)
  • 2週目:環境メディアとしての大気(北田)
  • 3週目:環境メディアとしての水(井上)
  • 4週目:環境メディアとしての土(岩崎)
  • 5週目:環境汚染と化学物質(井上)
  • 6週目:公害問題から環境問題へ(木曽)
  • 7週目:環境とエネルギー・地球環境と持続社会(滝川・後藤)

1.地球環境としてのバイオスフィア 平石

生物圏と物質循環,群集構造,生物多様性,環境汚染と環境浄化

2.環境メディアとしての水 井上

現在のわが国の水環境の課題について,その現状と対策を概説する.

  • 水系汚染・汚濁の特徴
  • わが国の代表的な水環境問題(金属,有機物,栄養塩)

3.環境メディアとしての土壌 岩崎

母なる大地を構成する土壌の過去(生成),現在(役割,環境問題),未来(土壌と人との関わり)について,事例を交え,解説し,土壌と人の関わり方のあるべき姿について考察する.

  • 土壌の生成
  • 土壌と人の関わり(主に農業)
  • 土壌を介した物質循環について
  • 土壌に関わる環境問題(地盤沈下,地下水汚染,土壌汚染)

4.化学物質 井上

化学物質の地域・地球規模の動態とその管理手法について概説する.

  • 化学物質汚染の特徴
  • 地球規模の化学物質汚染
  • わが国の化学物質汚染

5.公害問題から環境問題へ 木曽

環境基本法は,かつての公害対策基本法を引き継ぎつつ地球規模の環境の問題に視点を広げ,市民の役割が求められている.公害対策基本法の背景となった公害問題について理解するとともに,地球規模の環境問題に求められる視点について考える.

6-1.社会とエネルギー 滝川

文明社会を営む我々の生活において,電気エネルギーは極めて重要な位置を占める.環境を維持し,持続性のある未来社会を視野に,電気エネルギー問題について理解する.

  • エネルギー事情
    エネルギーの形態/エネルギー資源賦存量/我が国の事情(世界との比較)/電化率/環境問題
  • 地球温暖化
    地球温暖化のメカニズム/炭素循環/オゾンとフロン
  • 持続性社会におけるエネルギー
    核エネルギー/新エネルギー(太陽,風,水,地熱,バイオマス)/分散型ネットワーク/コージェネレーション

6-2.持続可能な社会を目指して 後藤

これまでの人類の発展は資源消費の歴史でもあった.しかしながら,近年は地球の容量を超えた資源消費が人類の持続可能性を妨げる危険性が懸念されている.このような状況の下,1992年の国連地球サミットにおいて人類史上初めて自然環境と開発の関係についての話し合いがもたれ,アジェンダ21という行動計画が採択され,現在に至る環境政策の世界的な潮流が作られた.本項では,資源消費と地球容量の関係を理解し,人類の持続可能性を維持するための施策と技術者の役割について紹介する.

  • 人類の資源消費の歴史
  • 環境政策と地球温暖化ー京都議定書と気候変動枠組み条約,日本における温暖化政策
  • 持続可能な社会へ目指してー循環型社会,生物多様性社会

7.環境メディアとしての大気 北田

物質循環における大気メディアの役割を,酸性雨を例にして示す.人為的に排出された窒素酸化物,硫黄酸化物が,どのような時空間スケールで大気中に広がり酸化されて酸性雨となるかを説明する.

成績評価方法と評価基準

評価法

講義ごとの小テストを50%,期末試験の点数を50%とし評価する.

評価基準

原則的にすべての小テストを提出したものにつき,下記のように成績を評価する.

  • S:達成目標の90%を達成しており,かつ試験・レポートの合計点(100点満点)が90点以上
  • A:達成目標の80%を達成しており,かつ試験・レポートの合計点(100点満点)が80点以上
  • B:達成目標の70%を達成しており,かつ試験・レポートの合計点(100点満点)が70点以上
  • C:達成目標の60%を達成しており,かつ試験・レポートの合計点(100点満点)が60点以上
  • 教科書

    タイトル:理工系学生のための生命科学・環境科学
    著者名 :榊 佳之,平石 明
    出版社 :東京化学同人

ページトップへ戻る